豆腐のブログ(プロの発達障害者です)

アスペルガー当事者です。発達障害と全く関係無い話題から当事者の観点まで「ざっくり」書くつもりです。

ちびまる子ちゃん。

ちびまる子ちゃんは、漫画の新しい方向性を与えてくれた作品でした。それに、表現や構成にいくつかの発明がありました。

・キャラクターのドン引きした時の縦線
・エッセイのような構成を漫画で再構成する
・漫画なのにナレーターが入る。しかも毒舌
・オチが今までに無い、終わり方
(いわゆる、フラグ回収型の構成の先駆け)
・画力で勝負しない

私が思いつくのは、こんなところです。
色んな人が読んでも面白いと思えるのは
実力のある証左です。
コジコジは子供が読んでも分からないと思う。

今でも、さくらももこ先生が亡くなったと信じられなくて、モヤモヤして中々書けなかったです。