豆腐のブログ(プロの発達障害者です)

アスペルガー当事者です。発達障害と全く関係無い話題から当事者の観点まで「ざっくり」書くつもりです。

読解力。

センター試験で「ムーミン」を取り上げた問題で物議になりました。

色んな角度で考察してるので、そこを追従するつもりはありませんが、私の感想は「出題者は解答能力よりも出題者の求める解答へのアプローチ、つまり読解力を観ている」と感じました。

今の時代、何時、どこでも、スマホで検索すれば真贋に関わらず「答え」はすぐに出てきます。

ですが、これらの一連の行動は条件反射的な行動で、人間味あふれる行動とはかけ離れていると思います。どっかのコツメカワウソ以下です。

ペーパーテストでは解答能力は判断しても、人間性や個性までは計りかねます。それは解答者や出題者もそれを自覚しているのにも関わらず長年、惰性的に続けています。

だからこそ、今回のムーミン問題は将来性が無い成果主義からの転換期なのかなと感じたのです。

目の前の事象から本質を捉え、本質から一人一人それぞれが個性のある「答え」を出す、これからの時代を生きる世代。

個人的には明るい未来なんかこれっぽっちも期待してませんが、私以外の人が次の時代をどのように生きるのか少し興味が湧きました。