読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐のブログ(プロの発達障害者です)

アスペルガー当事者です。発達障害と全く関係無い話題から当事者の観点まで「ざっくり」書くつもりです。

二時間サスペンスドラマ転換期。

二時間ドラマ好きの私に衝撃的だったことは、テレビ朝日の「土曜ワイド劇場」の時間枠の移動です。時間が日曜日の朝に移動し、名称も「日曜ワイド」に変わるようです。

あくまでも私の想像ですが、高額な制作費とは裏腹に、割りに合わないCM広告収入が長年続いた結果だと思います。もしもこれが本当なら、二時間ドラマが好きな私には残念な話です。

心配なのは、土曜の夜と日曜の朝の視聴者層が全く異なることは、業界人ではない私にも想像がつきます。そこは大丈夫なんでしょうか?

今は撮り終わった分を放送していくのでしょうが、新しく撮っていくドラマは内容の方向性も若年層を捉える方にシフトしていくと思います。これはある意味チャンスです。

前にも書きましたが、私は同じキャスト陣が長年続くと設定に縛られてしまったり、新しいシリーズなどが制作しづらいなどを指摘しましたが、金銭面から考えてもベテランの方がギャラが高くなる分、制作費を圧迫している一番の要因だと思ってます。

ですが、視聴者層が若年層なら、殺人などのサスペンス要素を省いたドラマや今までではニーズの無かったジャンルを取り込むことが出来、例えばラノベ原作のドラマや着地点の無い空気系の様なホームドラマなど、脚本家は大変苦労しそうですが、新ジャンルの挑戦的な二時間ドラマを作れるかもしれません。

テレビ朝日の「日曜ワイド」の場合なら二時間ドラマに関わらず、バラエティや過去の劇場版アニメの放送などフットワーク軽くいけそうです。

サスペンスドラマ好きの私には少し寂しいですが、「二時間サスペンスドラマはやっぱり必要だった」のニーズの再確認のためには、今は暫く耐えないといけない時期なのかもしれません。