豆腐のブログ(プロの発達障害者です)

アスペルガー当事者です。発達障害と全く関係無い話題から当事者の観点まで「ざっくり」書くつもりです。

障害を診断された経緯。

30年以上昔、私は自閉症と診断されました。今と違い名称も違えば細分化もされてませんが、ややこしくは無かったです。私の場合は三歳になる前から既に人と全く打ち解けず、人の話を聞かない、お遊戯を全く覚えない、絵本が嫌い、自傷行為が特に酷くほぼ自殺未遂と変わらないレベルで何度か死にかけました。私は全く覚えてません。傷が酷かったので虐待を疑われたのですが、そこで詳しく検査をしたところ幾つかの障害を疑われて、その中の自閉症が候補に残り、後に自閉症と確定診断されました。

当時は自閉症と診断されること自体珍しくないですが、認知度はほぼ全くなかったです。それまでの私は全く耳が聞こえないと思われていたので自閉症と診断される前は聴覚障害2級でした。後に自閉症だと分かったので聴覚障害2級は取り消されました。

ですが私は全く人の話を聞かないので小、中学生時代は学期変わる度に聴覚検査を受けさせられました。検査の結果は全て異常なし、耳鼻科の先生からも学校に理由を説明しましたが卒業するまでに理解されることはありませんでした。

私は大人になっても気付いていない当事者や周りの家族の方は多いと思ってます。私の両親は発達障害の存在に懐疑的です。私の両親にこれらを説明するのは不可能で私自身も障害を気にしていないので問題無いですが、他の当事者はどうでしょうか?