読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐のブログ(プロの発達障害者です)

アスペルガー当事者です。発達障害と全く関係無い話題から当事者の観点まで「ざっくり」書くつもりです。

死生観。

死んだ後のことを考えると遺産相続に遺品の処分に墓の問題など金銭的な問題や故人の生前の宗教観から理想の葬式を挙げたりするのは良いでしょう。これらを終活というらしいです。

しかし終活は故人が死ぬまでにあらかじめ準備しておく事で遺族が困らないようにする気遣いや人生最後の故人の最後の仕事であり、死そのものを考える事を嫌う日本ではこれらを死生観とは言えず、かなりかけ離れたものだと思います。

死ぬまでに終活が出来れば良いでしょうが、金銭的に無理だったり、予想できない事故や自殺、災害で亡くなったりした場合、遺族の気持ちの整理はできるのでしょうか?

世界的に観ても自殺は良くないと言いますが、そこから言葉が続かないのは日本特有のものです。死への恐怖から思考を止めてしまうのは言い訳では無く、元々死生観を養う要素も概念も無いからです。

本人の健康に不安な面があったり、心身疲れきっていたりなど死を身近に考えている人はいます。ですが、それらの不安な要因を抱えていない人はどうでしょうか?

死ぬ事と死そのものを考える事は別です。元気なときこそ、考えてみるのも良いんじゃないでしょうか。