読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐のブログ(プロの発達障害者です)

アスペルガー当事者です。発達障害と全く関係無い話題から当事者の観点まで「ざっくり」書くつもりです。

毒舌心理テスト。

心理テストをうたってますが、全く根拠はありません。私がたまに書く悪ふざけです。かなり毒を含んだ内容なので気分が悪くなるおそれがあります。それでも大丈夫な方や出家すれば何とかなりそうな方は続きをどうぞ。

とりあえず、準備がいるので用意してください。

茶色の朝」という本があるのでネットで調べて読むか、買うか、立読みかどれでも良いのでまずは読んできてください。内容はかなり短めです。

次に感想を仕分けします。読んだ感想を4つの中から一番近い印象の答えを選んで下さい。

「こんな現実にならなければ良いな」という感想をもった方はA

「こんな現実になるわけが無い、妄想だ」という感想をもった方はB

「私は客観的かつ冷静に読めました。本を通してこれからの課題を見つけました」という感想をもった方はC

「フレンチトースト食べたい」という感想をもった方はD

「無い」と感想をもった方は一番最後に書いておきますので一番下まで飛ばして下さい。

それでは答え合わせをしていきます。


まずはAの方から。Aを選んだ方は目の前で起きている事象よりも、先に自己保身から考察する傾向にあります。理由無く他人を頼る事を選択肢から外し、ひとりで長時間悩んで気付いたときにはすでに手遅れだった経験はありませんか?
最初に自身の現状から考察し、保身を確信してから自身は冷静沈着したと根拠の無い自己完結から、根拠の無い俯瞰的視点から事象を探求する様は戦場でスイカ割りをする様な滑稽さで、目の前の現実を現実だと認識してはいない様です。思考が止まっていたと認識はしてるので羞恥心はあります。4つのタイプの中で一番多く存在する一番残念な人です。


Bを選んだ方、この「茶色の朝」はフィクションです。何かと対比して考察した様ですが邪推であり、幼稚です。
一見Aを選んだタイプとは真逆の印象ですが実は根幹は同じで、他人を頼らない、事象の事実確認より先に自己保身する行動理念は同じで、Aとの大きな違いは3つしかなく、誰のニーズにも応えてない高いプライドと一般大衆に釣り合ってない高い思想と、羞恥心が殆ど無いことです。
思想が合わない人を能力が無い人と頭ごなしに決め付け、事象の一部だけ切り取って揚げ足とりする様は対岸の火事をSNSにアップする残念な人そのものです。4つのタイプの中で完璧主義者が多いですが、完璧主義の割に能力が低いので周りに一番迷惑をかけてますが、少数派であることを一番優れていると思い込んでいることから人間的な成長はこれ以上見込みありません。


Cを選んだ方はA、Bどちらにも当てはまらないタイプで、知的かつ清潔感溢れる雰囲気を持ってます。どんな相手でも尊重し切磋琢磨、共存共栄という言葉がピッタリな方です。ですが、知的なイメージとは裏腹に以外と何も考えていない事も多く、居酒屋で頼みたいものを自分で決められない優柔不断な面があります。
人を傷付けることを嫌がる優しさから自分の思想や都合に関わらず物事の本質に近づくのを怖れる傾向にあります。人を尊重することと人と一定の距離を保つことを履き違えている事を自覚している不器用な人です。あまりにも清潔感漂うと潔癖だと思われて次第に人は近寄らなくなります。物理的にも精神的にもです。
4つのタイプの中で唯一、完璧の本質を理解していて、仕事の分野では天性の才能を持っています。特に仕事の処理能力はトップクラスです。
天職は管理職から文筆家まで幅広く、適職についてると例え金銭的に困窮しても精神的に全く揺らがない一番タフなタイプですが、適職から少しでも合わないと就職はおろかアルバイトさえ続かず、生存すら難しい二極化するタイプです。


Dを選んだ方や勝手にEとかFとかひねくれて答えた方はこちらです。
最初に毒含んだ内容なので気分が悪くと前書きをしたので「茶色の朝」を読まなかったか、冷やかしついでに見下してきたか、心理テストの答えを見て自身が不愉快になるのを避けて一番ふざけた答えを選んだかのどちらかです。
4つのタイプの中でぶっちぎりの幼稚さと、知識量の無さと羞恥心の無さは一番であり、知性と知識を一緒に混同していて本質に全く触れない事を達観してるという勘違いをしている残念さも併せ持ち、また図星を指摘されてもネット掲示板の書き込みの経験から怒らないことが相手より精神的優位に立っていると思い込んでいる残念な傾向にあります。ひねくれている、天の邪鬼と言われると喜びますがそれらの言動は孤独の本質を知ってるが故の言動です。
実は4つのタイプで中で一番人間的に成長する資質を持ち合わせています。
4つのタイプの中で芸術家の才能があるんじゃね?と思う方も多い傾向にありますが、それは気のせいです。芸術家は基本非常識な方が多いですが、非常識だから芸術家になってるわけではありません。


最後に茶色の朝を読んで、何の感慨も無かった方。人生に疲れていませんか?不安な事を相談できる電話サービスもありますし、心療内科に通うことを勧めます。心身ともに色々疲れているのだと思います。