読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐のブログ(プロの発達障害者です)

アスペルガー当事者です。発達障害と全く関係無い話題から当事者の観点まで「ざっくり」書くつもりです。

二時間サスペンスドラマ考察。

二時間サスペンスドラマを見ていて気になるのが、役者陣の高齢化です。実績のある役者を起用した方が良いのは分かりますが、他に代わりがいないとは思えないです。

要因を幾つか考察してみました。
まずは設定に縛られている事があります。原作をドラマ化した場合、場所や人物名など変更しやすいものから、登場人物の年齢など変えてしまうと最悪犯行の動機に弱くなったり矛盾したりと設定を変えにくいところまで難しい事もありそうです。あと原作の著作権の問題もあるかもしれません。

役者の方にも原因が考えられます。昔の映画スターと違って体調管理が徹底している役者も多く、良い意味で実年齢より若く演じられる役者も増えました。それで世代交代自体が難しいのでしょう。

他に製作側以外の原因に視聴者層の高齢化もあります。視聴者層が比較的高齢だと視聴者層に合わない若手役者を起用しても顔馴染みが無いことから観なかったりなどを鑑みて、製作陣は視聴者層に合わせたキャスティングをしていると思います。

一方で長年放映していた水戸黄門の様にいつもの時間に安定感のある存在が必要だということもわかります。原作の設定の変更が難しかったり、スポンサー関連など、どうしても避けられない問題を抱えるなか、どこかで打開や転換しなくてはいけないのではと思います。