読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐のブログ(プロの発達障害者です)

アスペルガー当事者です。発達障害と全く関係無い話題から当事者の観点まで「ざっくり」書くつもりです。

専売特許(かなり長いです)。

全ての発達障害者に
当てはまるわけでは無いですが

「相手の言葉を額面通りに受けとめてしまう」事があります。

私も良く相手の意図や真意を理解できずに失敗を重ねてきました。
日本の様な建前と本音のさじ加減を重要視する社会に時には理不尽だとさえ感じたこともあります。

色々と面倒臭い要素のある発達障害の「専売特許」なんですが、前から気になる頭の痛い話があります。

それはマスメディアと私、受け手の話です。

明らかな悪意のあるネットの書き込みに限らず、公平な表現を求められるはずのマスメディアも裏取り無しの偏った記事も目立つ様に感じます。故意に誤解を生む表現が多く、報道の責任を放棄し、その上で瑕疵そのものを受け手である大衆の解釈の問題と押し付けて片付けるのもどうかと思います。

一方、私達大衆にも問題はあります。現代社会は情報の量が過大に溢れています。受け手の需要以上に溢れる情報の真偽や質を選別し、私達は誤情報に踊らされない責任があります。情報一つにしても精査せずに全てをマスメディアの能力の無さからくると批判するのはお門違いで、何の根拠も無く罵ってる事と変わりなく許されません。また自分の都合のために真偽を棚にあげたり、故意だと知ってても主義や思想のために利用する事も同じく許される事ではありません。

私達大衆は声を上げて批判するのは問題ではありません。表現方法も昔に比べて豊富にあり、今私がこのように書き込んでいる様に簡単な方法もあります。しかし手軽さ故に加減が難しく、度の越えた批判は非難そのもので私達とマスメディアに何一つメリットはありません。

それでも許せないのなら、無視すれば良いだけの話です。大衆から需要を求められないメディアは廃れていくだけです。