読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐のブログ(プロの発達障害者です)

アスペルガー当事者です。発達障害と全く関係無い話題から当事者の観点まで「ざっくり」書くつもりです。

組み合わせ。

前にパンよりご飯と書きましたが

炒飯とご飯 お粥とご飯 雑炊とご飯
ピラフとご飯 焼おにぎりとご飯

米と米の組み合わせでも私は大丈夫です。友達はありえないと言いますが、可笑しいですか?

言い訳。

私は食べ物の好き嫌いが激しいので嫌いなものがどうしても食べられない時は残してしまいます。自分の家なら嫌いな食材を買わなければ済む話ですが、予想外の付き合いの食事会などで嫌いな食べ物を出された際に気まずくならないように考えて出した言い訳を紹介します。大丈夫だったものからダメなものまであります。

大丈夫だった言い訳
1 カニとエビ
「甲殻類アレルギーなので、すみません」
完全にウソです。食感がダメなだけです。煮ても焼いても我慢しても食べられませんが、かっぱえびせんは大好きです。甲殻類アレルギーは信じてもらえます。
2 貝類
「貝類アレルギーなので、すみません」
これもウソです。ただ何故嫌いなのか私にも分かりません。我慢すれば食べられます。困った時は食物アレルギー戦法が一番です。
3 牛肉と生卵
「本当にダメなんです、すみません」
私が食べられない食材のツートップです。単純にダメなので、最後は誠実に謝ります。牛肉で食べられるのはタンのみで、他の部位は合挽きとかビーフカレーとか加工すれば何とかなりますが、素材の味そのままの焼肉やステーキなんてとても食べられません。意外とマクドナルドのビーフパティは平気です。不味い肉なら体は拒絶しません。生卵は食感が絶対無理でどんなに我慢しても無理です。半熟以上に加熱すれば食べられます。
4 フルーツ
「甘いのは苦手でして…」
甘党ですが、甘過ぎるフルーツは苦手です。特に最近のフルーツは品種改良が進み、本来の味を度外視した甘過ぎるフルーツが増えました。しかし私が甘党だと知ってる方に説明しても納得してくれないので我慢して食べます。メロンみたいな高級フルーツより、みかんとリンゴのようなスーパーで買えるフルーツの方が美味しいと思うのですが、私だけでしょうか?


ダメだった言い訳。
1 牛肉と生卵
「宗教上の理由でこれはちょっと…すみません」
これ言った時、完全に引いてました。友達は苦手な食べ物知ってるので笑ってすみますが、付き合いの席では全く通用しませんでした。ドン引きした席でその場にいた同僚が「何教なんだよー、ビーフ教か?新しい宗教か?」と、はしゃぎながらのフォローを入れたので助かりました。しかし、まさかのすき焼きとは。地獄のタッグの組み合わせでした。牛肉と生卵は素直に謝った方が良かったと反省しました。結局その付き合いの席で私だけ焼おにぎりを食べました、焼おにぎり美味しかったです。
2 魚卵とウニ
「言い訳してもダメでした」
寿司屋でたまに起きることで、苦手なイクラやウニをどう言い訳しても相手は私が遠慮して高いネタを避けていると誤解され、さらには謙虚だと褒められることさえあり、私が遠慮してると代わりにイクラやウニを頼まれたときは本当に地獄です。こうなると断れませんし、ただただ辛いです。あと明太子も苦手です。私は魚卵すべて同じ味しかしません。

LED。

LEDは蛍光灯と違って虫が寄り付かないし、明るくて良いですね。

家の明かりをLEDに取り換えた直後に気付きましたがLEDの明かりで本を読んでると本に当たった光の照り返しが眩しくて長時間本を読めません。安直に一番明るいのを選んだのですが、本を読むには少しぐらいの明るさが丁度良かったです。

障害者と自動車教習所。

日頃から私のつかみどころの良く分からないブログを読んでいただき、ありがとうございます。

閲覧してくれる方が以前より増えてきたのですが、最近良く読んでもらえている記事は私が以前書いた教習所関連の記事です。今度、道路交通法の改正を控えているので気になった方が目を通してくれたのだと思いました。
「感謝と追記。」の記事でも書きましたが、私みたいに障害を持っていても教習所と二人三脚で頑張れば運転免許を取れるということを障害者や障害者の家族に知ってほしかったのです。
私の教習所での体験記は他の障害者や障害者の家族などに参考や自信になってくれたらと思い、当時を振り返りながら書いていました。拙くて読みづらいところもあったと思いますが、書いて良かったと改めて実感しています。重ねてお礼を申し上げます。

※反省と謝罪
教習所の話をもう一度読み直すと誤字脱字だらけでした。「自転車の免許」とか笑えない誤字もありましたので修正しました。申し訳ありませんでした。

違う。

学生時代にスーパーで短期のアルバイトをしてましたが、当時私はそこで300キロ分の調味料を積んだ移動式コンテナの下敷きになりました。
落下したコンテナは私の首を押さえつける形で直撃しました。身体は意外と動けたので動かそうと思えば動かせますが、私が動くとコンテナの中の調味料は確実に全てダメになるのが嫌で自ら動かず助けを呼びながら気長に待ちました。自身の安全より調味料を選んだ私の優先順位の付け方がアスペルガーらしいです。コンテナ落下の原因は他のアルバイトの運搬ミスでした。
意識ははっきりしてて痛かったですが、それより誰もいつまで経っても助けに来る気配はありません。私は後で知りましたが実はその裏でアルバイト同士の責任の擦り付けが起きていて、誰も来てくれなかったのです。
そんな事が起きてるとは知らなかったといえ、いくら経っても誰も来ないので私はもしかしてアルバイト同士で揉めているんじゃないかと思うとイライラしました。沸点が最高になった時には自らコンテナをどかして、コンテナを落とした落としてないと揉めるアルバイト達を蹴り倒しました。それから事情を店長に話し、私は病院へ運ばれました。
その病院の先生に「首のレントゲンと頭を打ってるかもしれないのでCTを撮りますが、その前にあなたは珍しい肩の骨格してるので、研究のため肩の方も撮らせてください」と言われました。
私は撮って構わないのでちゃんと治療してください、とお願いしました。
私は運が悪く、レントゲンを撮った後、CTを受ける前に担当医が何故かここで入れ替わり、私は肩の治療で来たと間違えられました。首の診察をしてほしいと言うと、そんな事を知らない先生は「何を言ってるんですか?ここにあるレントゲン写真はあなたの肩の写真です。それをどう説明するんですか?」聞く耳持たない先生に私は怒って帰ろうとしました。治療費の内訳を見ると肩と首のレントゲン、CTの分まで含まれていたので「受けてもいないものもお金とるんですか?」と怒ると看護士は確認していきました。そこで間違いに気づき、待合室で待たされてから数時間後、ようやく首のレントゲンとCTを撮りました。私は病院側がCTだけではなく、首のレントゲンを撮り忘れていた事をそこで知り、改めて先生から謝罪を受けました。私の怒りは呆れへと変わり、完全に収まってました。先生は診察の結果をこう言いました。「レントゲンとCTで調べた結果、首と頭に異常はありませんでした。資料のために撮った肩の方は今すぐ治療しないといけないほど酷く、四六時中激痛走ってると思いますが、本当に何ともないんですか?」
本当に肩は痛くなかったので、首が痛いと痛み止めだけもらって帰りました。違和感あったら来て下さいと言われましたが現在も特に後遺症はありません。

コンテナが倒れてから落下したので300キロをいっぺんに受けずに済んだのが助かった要因です。もしもコンテナが立ったまま落下して直撃してたら、私は即死してたでしょうね。あの日は一日を通して何か色々間違ってます。