読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐のブログ(プロの発達障害者です)

アスペルガー当事者です。発達障害と全く関係無い話題から当事者の観点まで「ざっくり」書くつもりです。

今日の名曲。

気まぐれで取り上げる今日の名曲は中村晃子の「虹色の湖」です。

今までに取り上げた曲の中で最も古いですが、カバーしている方も多いので、カバーバージョンも機会があれば聴いてみてください。

コップの水。

コップに半分入っている水の量をどう解釈するかで、ポジティブ思考かネガティブ思考か分かるらしいです。

恐らく「半分も入っている」か「半分しか入っていない」という解釈の違いから判断をしているのでしょう。

ちなみに私は水の量なんかよりコップの中身が本当に水なのかが気になります。もしも中身がガムシロップだと思うと、知らずにイッキ飲みしたら大変ですね。

エゴサーチ。

ネットで色んなことを検索してる内に私のことを検索するとどうなるのか興味が湧いたので調べようと思いました。

その前に自分の名前をネットで検索することを何というのか名称が分からないので調べてみると「エゴサーチ」と出てきました。記事の名前をエゴサーチに決めました。

私は本名とブログのハンドルネームそれぞれを検索してみました。
まずはハンドルネームの「豆腐五段」で検索するとこのブログが出てきました。ハンドルネームが「豆腐」だけだと寂しいので特に考えずに五段をつけたのですが、それが上位に上がってきた理由のようです。

次に本名を検索すると何故か台湾のとある史跡が出てきました。史跡とはいっても観光地ではないようで台湾の観光ガイドには載ってませんでした。本名の部分一致ならまだしも完全一致だったので気になり詳しく調べたいところですが、中国語は全く分からないので断念しました。日本語変換とかしましたがダメでした。推測ですが中国語で私のフルネームはどうやら「○○村にあった○○跡地」と解釈できる様です。

私の予想してたオチはどちらも検索に上がらずに私の自意識過剰だと自嘲気味に終わるはずだったので中途半端なオチは一番困りますね。

ほうじ茶美味しい。

煎餅。

私は煎餅を割ってから食べるので、それを見た人から煎餅を食べる際に出る細かいカスを気にしているの?と言われることがあります。私はそんな細かい性格ではありません。

理由は全く違っていて、歯の生え変わる頃、煎餅を食べたときに歯が抜けて、口の中で煎餅と抜けた乳歯が一緒になった不快感が今でも印象に残っているからです。
それから煎餅は割ってから食べるようになったのです。私は割った方が食べやすいと思うのですが、どうでしょうか?

ジャスミンティー美味しい。

今日の名曲。

気まぐれで取り上げる今日の名曲はμ'sの「START:DASH」です。

機会があれば聴いてみてください。

トランプ大統領。

いつもの悪ふざけで、今度はトランプ大統領をカードのトランプに例え、雑な邪推をしてみた。
トランプの枚数は52枚。ジョーカーを入れると54枚になる。アメリカ大統領は就任式で聖書に手を置いて宣誓するので、トランプの枚数を聖書の詩篇の数に当てはめてみました。

52、54番目を調べてみると…これは自分の目で見た方が良いです。トランプ大統領は第45代目大統領なので45番目も見てください。

はっきりしてるのは
幾ら何でも話が出来すぎだということです。

あと私は無宗教です。

説教魔。

私は一度説教するとかなり長い。自身でも分かっているのに中々直せない自分が嫌になります。

友達が結婚した時「俺結婚して幸せだから、お前も早く幸せになれよ」と言われたのに対し私は「邪推だと思っても構わないけど、まるで結婚しないと幸せになれないような言い方は傲慢だと思わないの?それに結婚って、これからは自分ひとりだけじゃなくパートナーの人生まで預かる大きな事だと思うんだけど、それを簡単にまとめて幸せだとか言っちゃいけないと思うんだ。それにお前の態度からはパートナーへのありがたみも感じないし、それもう亭主関白通り越して独りよがりみたいで嫌だ」

これを皮切りにそれから8時間説教しました。それから何組か説教してるうち、私に説教された夫婦は別れないというジンクスが生まれました。そんなつもりじゃ無かったのですが。

監視社会。

監視社会って言葉ありますが、形が違えど昔からありました。何かあったら近所のおじさんとか飛んで来ましたし。監視でもされない限り、迅速に動くことなんて出来ませんからね。

ただそれを監視なのか人との距離が近いのか、どう思うかはその人次第ですね。

ジャンクアート。

近所を散歩中に自称ジャンクアーティスト集団に絡まれ、訊いてもいないのに「お前に俺らの芸術は分からねぇな」と言われましたが「そこら辺の人を捕まえてまで自慢しなくても済むようになれるよう頑張ってください」と嫌味をいうと全員泣き出しました。

少しの嫌味で心が折れるぐらいだったら、真摯に作品と向き合って作ってなかったんですね。ジャンクなのは物ではなく彼ら自身の様です。

不器用。

辛いときに辛いと言えない不器用さ、私がいつも向き合っている問題です。私は顔に出ないタイプなので尚更周りに伝わりません。発達障害に限らず当てはまる方もいるでしょうが、どうしようも無いんですよね。どうしても甘えだと思うと「助けて」その一言が出てきません。

伊右衛門美味しい。